筋肉のけいれんを防ぐために摂取するべき栄養素とは

筋肉のけいれんには栄養が大きく関係しており、カリウムやカルシウム等のミネラルが不足すると起こりやすくなります。また、準備運動をせずにいきなり激しく動いたり、冷え症で血流が悪くて酸素不足に陥った場合も筋肉のけいれんが起こりやすい状態です。

酸素不足を解消するには、DHAやEPAを含む食べ物が効果的です。血液の流れを良くすることで酸素不足を改善することができます。ミネラルが不足している時は、海藻類や乳製品が効果的です。調理せずにそのまま食べられる果物にもカリウム等のミネラルが豊富に含まれています。

筋肉のけいれんを繰り返している場合は、日頃の食生活を一度見直してみて、不足している栄養素はないかを確かめてみることが大切です。栄養素的に問題が無い場合は、水分不足の可能性もあります。特に夏場は摂取してもすぐに汗になって出てしまいますので、こまめな水分補給が必要です。また運動中は、ビタミンB1やビタミンC等の栄養素を多量に消費してしまいますので、普段よりも多めの摂取が必要です。



背中の筋肉のけいれんについて

背中の筋肉のけいれんは様々な要因によって引き起こされます。
背中の筋肉のけいれんの主な原因は、筋骨格の症状から引き起こされること、神経症状から引き起こされること、深刻な病気を引き起こしているシグナルであることです。
それぞれの症状を改善していく事で、筋肉のけいれんを抑えていくことが出来るようになります。

激しい運動や肉体労働などを行った後に背中の筋肉のけいれんが起こる場合は、筋骨格に対して適切なケアを行えば改善されますが、神経症状や深刻な病気のシグナルの場合はそれらの症状や病気を病院などで治療や手術を行うことが必要になってきます。
背中の筋肉のけいれんは、原因を特定することで改善策を見つけることが可能であり、筋肉疲労などによるもの以外であれば、病院で診察を受けて医師の指示の下で病気を治していく事が大切です。

筋肉疲労によるけいれんは、マッサージを行ったり、栄養補給を行ったり、筋肉を休ませたりすることで改善していく事が出来ます。